テーマを絞った美容

体質や食事、ストレスや胃の不調など、様々な要因でにきびはできてしまいます。
皮脂の分泌量が増えてしまったり、肌の表面にある角質が厚くなって毛穴が塞がれ炎症を起こす、これがにきびなのですが、過去は10代から20代の男女ができやすいと言われていました。


しかし、現状では20代から30代の女性にも、ストレスや化粧が原因によるいわゆる大人にきびなるものができやすくなってしまっています。

では、にきびを放っておくとどうなってしまうのでしょうか。

もちろん、どんどん悪化してしまうことは目に見えています。

初期段階は肌がプツンとふくらんだ状態で、白にきびの状態ですが、それがどんどん悪化し、酸化し、炎症を起こしていくと目立つような黒にきび、赤にきびになってしまうというわけです。では、そのようなにきびを健康的に治療するにはどうしたらいいのでしょうか。


私がにきびを直した方法を、ご紹介したいと思います。まず第一に意識するのは、食事です。
ビタミンAやビタミンB2を多く含んでいる食事は、にきびに優しいと言われています。

なので、ビタミンAを多く含んでいるしそやうなぎ、小松菜やビタミンB2を多く含んでいる豚のレバーや納豆、サバなどを食事の中でおおく接種することで健康に、にきびを少しずつでも直すことが可能になります。


また、洗顔などにも注意が必要です。

最新の情報でメソセラピーについてといえばココです。このサイトを是非ご活用ください。

きれいにしよう、きれいにしようと意識をしてごしごし洗ったり、必要のない刺激を肌に与えてしまうと、肌はびっくりしてしまい、炎症が激しくなってしまったり、余分ではない必要な皮脂までとってしまうのでにきびが増えてしまうような現象にも繋がってしまいます。なので、洗顔の際も、なるべく石けんを泡立てて、肌に影響を与えないように慎重に洗うことで、今までになかったようなきれいな肌にすることも可能になります。
日々の生活の中で、何か特別なことをするのではなく、日々をしっかり意識して直して行くべきではないかと思います。